So-net無料ブログ作成
常北地方鉄道 全般 ブログトップ

フムフム [常北地方鉄道 全般]

20150530_183801-1.jpg

せっかく、改良に改良に重ねてここまで来たレイアウトですが。やはり、古い線路を使っているせいか。ポイントが、壊れたり。通電不良を、起こしたり。つなぎ目が、悪く脱線の原因を生んだり。色々と問題が多くなりました。部分改修工事をするのなら、一層のこと作り直してしまおうかなんて思ったりもして。これで、3回目の作り直し。

さて、どうしようかなあ。


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

常北地方鉄道 車両たち 最終回・・・たぶん。 [常北地方鉄道 全般]





20150412_072321-1.jpg

常北地方鉄道 80系グループ

90キロにも及ぶ路線。沿線には、いくつかの保線区や車庫があり。またあまり、道路が整備されていない地域を走るため。その地域の小荷物を、運搬する必要ができたため国鉄からの譲渡車両を自社改造して登場させました。

左から、86型87型の2両は、2両一組で扱われ。救援・配給車そして、国鉄で言う クモヤ の役割を担っています。87型は、電車部品などを積めるようになっています。また、単機でも走れるように両方に運転台を設けている。

右から、83型85型。83型は、元新潟交通デワを譲渡しました。85型は、国鉄のクモニを譲渡しました。現在は、他の旅客車両と併結して運用についている。

続きを読む


nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

常北地方鉄道 車両紹介 2 [常北地方鉄道 全般]





前回に引き続き 常北線の車両を、ご紹介します。今回は、中型車両編です。

常北地方鉄道 100系

20150405_084759-1.jpg

茨城鉄道から、引き継いだ直後。電車がなかった為。首都圏で追い出された、旧型国電を転属させました。

20150405_092451-1.jpg

こちらも、100系グループに所属します。こちらは、茨城鉄道時代に在籍した、小型車両を2両継ぎ足して1両にして開業直後の輸送にあたりました。車番は、107 になります。

20150405_092513-1.jpg

こちらも、100系グループの 109系です。元京福電鉄にいた車両を、譲渡してもらいました。両運転台なので単行から増結まで幅広い運用につくことが可能です。

続きを読む


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

常北地方鉄道 概要と車両 [常北地方鉄道 全般]





常北地方鉄道     全長94,3キロ  (常北線 91キロ 赤塚支線 3,3キロ)   ※全て、架空のお話です。

主な駅名    常北線  大洗 ー 水戸駅前 ー上水戸 ー石塚 ー御前山 ー長倉 ー茂木 ー烏山駅前 ー那須塩原                         赤塚支線 上水戸 ー赤塚駅

種別        A特急(有料) 大洗 ー水戸駅前 ー那須塩原                                                                            

             B特急(無料)  大洗 ー水戸駅前 ー御前山 ー茂木 ー烏山駅前 ー那須塩原

             急行            大洗 ー水戸駅前 ー大学前 ー石塚 ー御前山 ー長倉 ー茂木 ー烏山駅前 ー那須塩原

赤塚駅から御前山を走っていた、茨城鉄道茨城線の運用経営を引き継いだのが 常北地方鉄道。その後、栃木県の那須塩原まで路線を延伸。また、海のない栃木県民の大洗海岸への海水浴輸送も担っている。

赤塚駅では、国鉄常磐線と連絡線があり。貨車の受け渡しが行われている。当鉄道は、まだオリジナル車がなく、全ての車両が他の譲渡車である。今後、オリジナル車を導入したいところである。大型車は、4桁 中型車は、3桁 その他は、2桁の車番をつけている。

続いて、常北線の車両を紹介(続きを読む)。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
常北地方鉄道 全般 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。